幸せはどこにある①

『今あなたは幸せですか。』
と問いかけられて、
あなたの頭の中に浮かんだものは
何でしょうか。

お金がない、
身近な人とのトラブル、
仕事がうまくいかない、
健康に不安があるなど、
今気になっている自分の問題が
頭の中に浮かんできたあなたは、
自分がかかえる問題が気になって
しょうがない人です。

Blog-20170904-1.jpg

頭の中は自分が気になっていることで
いっぱいでそのことばかりに気を取られ、
難しい顔をしていませんか。
とても今は幸せだとは言えないと
思ったかもしれません。

一方、『幸せです。』とすぐ答えられた人は
幸せ探しの得意な人です。
今ある自分の幸せに感謝して、
新たな幸せに向かっているでしょう。

Danny Choo via Foter.com  CC BY-SA

幸せを求める方法は2つ
あります。

1つは、今の自分の状態はとても幸せだと
捉えて今の自分が持っているものに
感謝する人でいること。

もう1つは、今の自分の状態は幸せではないと
捉えて、今の自分が持っていないものを
追求する人でいること。

1つ目の人は今手元にある物を
しっかりと見つめ、
手にしていることに感謝をしています。

しかし、反対に2つ目の人は
今手元にない物に目を向け、
持っていないものを求め続けています。

手元にある物には目が向かずに
自分は持っていないから
幸せではないと思っています。
そして持っていない物が手に入ったら、
また新たな持っていないものを求めます。

このため永遠に持っていないものを求め、
いつまでたっても幸せにはならないのです。

faceless-hands-faces

今の自分の状態を幸せだと感じるには
無くてもあたりまえと考えることです。

この状態になると
自分が今持っていないものを求める時も
心に余裕がある状態で、
前向きに楽しめるようになります。

同じ努力でも自分は不幸せで
辛い辛いと思ってするよりも
自分は幸せだと感じながら
楽しんで努力したいものですよね。

Blog-20170904-4.jpg

まずは自分の状態を振り返ってみましょう。
自分がいま持っているものに目を向けているのか、
今持っていないものに目を向けているのか。

そしてもし自分が持っていないものに
目を向けているようであれば、
自分の持っているものに
目を向けてみてください。

きっとたくさんのものを手にしていることに
気づくはずです。

それでも不安になってしまうのは
自分の持っていないものに意識が
向いているサインです。

自分の今の状態に感謝するために
自分の持っているものに意識的に
目を向けるようにしましょう。
この習慣が身につけば、
あなたは必ず幸せになります。

そしてこの幸せの状態でいれば
前向きに主体的に行動でき、
明るい日々がやってくるはずです。

参考図書
今日は心をみつめる日
衛藤 信之 著

auto-xBayG1.jpg

Tag: 幸せ  Tag: 振り返り