人間関係をより良くする方法⑧

前回、自分との関係を
いい関係にするためのお話の中で、
自分への敬意と思いやりを持って
自分の望む目的のために
前向きな行動をしましょうと
お伝えしました。

ところが私達は
やりたくない仕事にしばられて
前向きな行動ができないときがあります。

そんなときにあなたはこうつぶやいていませんか。
『私は○○をしなければいけないんだ。』

恐れや罪悪感、
恥の意識、
義務や責務のために行うことは
なかなか楽しく行動できないのでは
ないでしょうか。

Blog-20170821-1.jpg

『○○をしなければいけない』から抜け出すために

1. やらなければいけないリストをつくる

今あなたが『やらなければいけない。』と
自分に言い聞かせて、
しょうがなくやっていることを
書き出してみてください。

とても多くて、
書ききらないかもしれませんね。

あなたがつまらないと思いながら
過ごしている時間がいかに多いかを
実感することでしょう。

Blog-20170821-2.jpg

2. 『自分でやる』と選択する

リストにあげた項目に、
『自分で選択して、○○する。』
と付け加える。

付け加えてみて、
どうでしょうか。

しっくり考えられないものが
あるのではないですか。

もしかしたら、全部しっくりこないかも
しれませんね。

3. 行動の意図を探る

リストにあげた項目に、
『自分で選択して、○○する。
それは自分が△△を望んでいるからだ。』
という文章を作ってみる。

文章を完成させてみると
自分が大事にしているものが
見えてきます。

例えば、
疲れて家に帰ってきて、
上着やかばん、買ってきたものや
郵便物などをそのあたりに放り出して、
ソファでくつろいでいます。

Blog-20170821-3.jpg

頭の片隅では、
『荷物を片付けないといけないな。』
でも、体が疲れきってしまって動けない。
なんてことはありませんか。

ここでは、
部屋をきれいにしておきたいという思いと
体を休めたいという思いが見えます。

こんなちょっとしたシーンにも
『○○をしなければいけない』は
ひそんでいます。

さまざまな行動の原動力があります。

・お金
・認められたい
・バツを受けたくない
・恥をかきたくない
・罪悪感を感じたくない
・義務感 など

Blog-20170821-4.jpg

私達はなぜそれをするのかを
明らかにすることで
つらい仕事でも、前向きに
取り組むことができます。

『○○をしなければいけない』から
『○○することを選ぶ』に置き換えて
前向きに楽しく過ごしましょう。

参考図書
NVC人と人との関係にいのちを吹き込む法
マーシャル・B・ローゼンバーグ 著

NVC.jpg

Tag: NVC  Tag: 行動