人間関係をより良くする方法⑤

人との関係を
いい関係にするには
互いにわかり合う必要があります。

そのためには互いに
相手の言葉から、相手が、
観察していること、
感じていること、
必要としていること、
要求していることを聞くこと、
『共感をもって受取る』ことが大切です。

PratikKadam-via-Foter.com  CC BY

『共感をもって受取る』ためにやること

1.自分が相手にどう思われているかではなくて
相手が何を必要としているのかを聞き取る。
すると相手に対する恐れが薄れてきます。

例えば、『あなたは私が不満なのね』ではなく、
『あなたが不満なのは私の理解を必要としているからなのかしら。』

相手の必要としていることに
注意を向けることで、
自分の落ち度から、
相手に起きていることに
視点を変えています。

2. 相手のメッセージを理解したことを
別の言葉に置き換えて相手に伝え返す。

相手のメッセージを言い変えて、
相手に返すことで、
相手も自分が受けとめられたことがわかる。
もし正しく伝わっていないことが
わかれば、話し手は間違いを
正すことができます。

また、自分が伝えた内容を
振り返り、さらに掘り下げて
相手に伝えることができます。

Blog-20170731-2.jpg

伝え返すときには、
問いかけのかたちにします。

・相手が何を観察しているのか。
『私が部屋をちらかしたことについて、
いいたいことがあるの?』

・相手がどのように感じているのか。
『あなたが悲しんでいるのは○○だからですか?』

・相手が何を要求しているのか。
『なぜ私がああいった行動をしたのか、
その理由を教えてほしいの?』

情報を得るために問いかけをするとき
まずはこちらの感情と必要としていることを
相手に伝えます。
『あなたとの関係を今よりもっと
いい関係になりたいので、
あなたの考えていることを
教えてもらえませんか。』

お互いの理解が必要です。

3.相手の発言を自分の言葉に置き換えて返すときは
声の調子に気を配る。
かすかでも批判や皮肉がこもっていれば
相手は敏感に感じ取ります。

HowardLake via Foter.com  CC BY-SA

4.相手の心のなかで起きていることを
さもわかったような調子で述べることは
否定的な影響を与えます。

相手の感情と必要としていることに
意識的に耳を傾け、
この理解で正しいのかという
確認の姿勢が大切です。

5.相手にじゅうぶんに
気持ちを表現してもらうようにしましょう。

相手ははじめから気持ちを十分に
表現しないことがあります。
伝え返しをすることで、
相手は徐々に自分の内面を
見るように促されます。

rear-view-of-woman-looking-down-bw

じゅうぶんな共感により
理解してもらえたと感じると
心からほっとして
安堵感とともに身体の緊張がほぐれるのを
実感します。
そして話がやみます。

話し手の気持ちにじゅうぶん寄り添えたかを
確認するためには
『何か言いたりないことはありませんか』と
たずねてみましょう。

互いに関係性をよくするためには
互いに理解しあう努力が必要です。
わかってくれるはずと思い込んで、
なにもしないでいては
いつまでも関係性は変わりません。

自分を理解してもらい、
相手のことも理解する働きかけをしましょう。

参考図書
NVC人と人との関係にいのちを吹き込む法
マーシャル・B・ローゼンバーグ 著

NVC.jpg

Tag: NVC  Tag: コミュニケーション  Tag: 共感
Tag: 気持ち  Tag: 感情