人間関係をより良くする方法②

私たちが日々の生活において
感情的になってしまうのは
どんな時でしょうか。
それは人と関わっている時でしょう。

他人との会話でお互い不愉快になったり、
他人のやったことが納得できなかったりなど
人とのコミュニケーションがうまく取れなくて
イライラすることはないでしょうか。

人との関わりにおいて、
互いに思いやり、
与え与えられる関係を
築きたいものです。

しかし気づいたら、
人と険悪な関係、
不愉快な関係になることも
ありますよね。

Erwss, peace&love via Foter.com  CC BY-SA

相手を思いやるコミュニケーションの方法に
非暴力コミュニケーション『NVC』という
方法があります。

自分がいま何を見て、
どう感じ、
何を必要としているかを明らかにして、
意識的に言葉にする。

自分と相手それぞれが
必要としていることに耳を傾けることで
相手との関係を新しい視点で
理解できるようになります。

Blog-20170710-2.jpg

NVCの4つの要素

1. 観察
状況を観察する。
相手が言ったことや、やったことなど
それに対する判断や評価を入れずに
言葉にする。

2. 感情
相手の行動を観察して、
自分がどう感じるかを言葉にする。

3. 必要としていること
自分が何を必要としているから
その感情が生み出されたのかを
明確にする。

4. 要求
非常に具体的な要求を言葉にする。

NVCの4つの要素は
経験学習ととても似ていますね。
観察と振り返り、
そしてその時の感情を明らかにし、
必要としていることと考え、
要求と新たな行動。

コミュニケーションもそうですが、
現状をよりよくするためには
自分の感情・要求(考え)を明確にすることが
必要です。

Ingrid Taylar via Foter.com  CC BY

感情・要求(考え)を
気づかないふり、もしくは見ないことで、
本当に必要なことに気づけずに
問題を大きくしてしまうことがあります。

自分の感情に気がついたならば、
状況をよりよくするチャンスです。
立ち止まって、じっくり感情を
味わってみましょう。
そして自分の要求が何なのかを
考えてみましょう。

NVCは自分の4つの要素を明らかに、
そして他者からの4つの要素を感じ受取る
コミュニケーション法です。

Hoffnungsschimmer via Foter.com  CC BY

自分の要求も大切です。
そして相手の要求も大切です。

自分と相手の要求を大切に、
お互いを思いやる心を引き出すことで
よりよい人間関係が築けます。

参考図書
NVC人と人との関係にいのちを吹き込む法
マーシャル・B・ローゼンバーグ 著

NVC.jpg

Tag: NVC  Tag: コミュニケーション  Tag: 観察
Tag: 感情  Tag: 要求