人間関係をより良くする方法①

日々の生活のさまざまなシーンで
私たちは感情に振り回されています。

後から振り返って、
あの時なんであんな事をしてしまったんだろうと
後悔することはないでしょうか。

また何かをしようとした時に
「こんな事したら後で後悔するに決まっているのに。」
とわかっていても行動を止めることが
出来ない時もあります。

これは自分が感情に支配されてしまっているわけです。
感情は私たちの行動に切っても切れないものです。

reXraXon via Foter.com  CC BY

それにも関わらず、
私たちは自分の感情をあまり意識していない、
いえ意識しないようにしてしまいます。

感情をあまり意識しないのは
感情は自分以外の外部に原因で沸き起こり、
自分にはどうしようもできないと思って
いるからではないでしょうか。

誰かのせいで不愉快になったとか、
ひどくつらいことがあったとか、
あの人にひどいことをされたなど。
原因は自分ではないと思っています。

Marlon Hammes via Foter.com  CC BY

けれども、実は感情は
自分自身が引き起こしています。
起きた出来事を自分がどう捉えるかによって
沸き起こる感情は変わり、行動も変わります。

自分に沸き起こる感情を
まずは感じ取りましょう。

そしてそこにある自分の物事の捉え方や考え方を
見つめてみましょう。

自分のこと、
自分と人との関わり、
今をよりよくするヒントは
そこから探ることができます。

まずは自分の感情を見過ごすのではなく、
捉えて感じることから始めましょう。

参考図書
NVC人と人との関係にいのちを吹き込む法
マーシャル・B・ローゼンバーグ 著

NVC.jpg

Tag: 感情  Tag: 行動  Tag: NVC
Tag: 人間関係