リーダーは経験から育つ⑩

引き続き、
「創造的に考える能力」について
お伝えします。

優秀なリーダーは
起こったこと(経験)を振り返って、
次になにをするべきかを考えます。

経験学習するわけですが、
同じことを繰り返すのではなく、
ちょっと違った視点で
次の行動を考える必要があります。

そこで「創造的に考える能力」が
必要になってくるわけですが、
これまでやっていたことから、
ヒントをもらったり、
これまでとは違ったところを見てみたり、
違った角度から考えたりと
さまざまな方法で新たなものを考えます。

ところが一旦、
これだと思ってしまうと、
そこに目が向かい、
他になかなか意識が向けにくくなりがちです。

George Grinsted via Foter.com  CC BY-SA

トップレベルの指導者は
意識的に他の視点を取り入れるようにしています。

何をしているのかというと
人からアドバイスを求めることをしています。

優秀な指導者は意思決定する前に人に
「あなたはこれについてどう思いますか。」
「あなたはこれについて何をすすめますか。」
「このような状況のもとでは
 あなたなら何をしますか。」と問います。

これは決して、
人から答え、解決方法を
求めているわけではなく、
人のアイデアを聞くことで
自分の精神をより創造的にし、
自分自身のアイデアのひらめきを
得るためにしているのです。

JoanDragonfly via Foter.com  CC BY-SA

聞くことによって創造力を強化する方法

1. 他の人につとめて話させること
人に話すことをすすめて、
人々の考えていることを引き出しましょう。
「あなたの経験を聞かせて下さい。」
「これについてどう考えますか。」など。

相手の話を積極的に聞くことで、
自分の話を真剣に聞いてくれる人と相手から思われ、
相手はあなたを好きになってくれます。

2. 質問の形式であなた自身の意見を
  テストしてみること
人々に自分のアイデアの磨きをかける
手伝いをしてもらいましょう。
「このやり方についてどう思いますか。」
と問うことであなたのアイデアを
よりよいものにしましょう。

Martin Pettitt via Foter.com  CC BY

3. 他の人の言うことに意識を集中すること
聞くということはただ黙って聞いていると
いうことではありません。
他の人が話している言葉に意識を向け
違うことを考えずに聞くことです。

こうすることで創造的な力が
ついてくるのです。

しかしこの他の人の話を聞く場合に
一番気をつけなければならないことは

『自分と違う意見を一旦そのまま受け入れ、
咀嚼して考えてみる。』ことです。

私たちは自分で一生懸命考えたアイディアであればあるほど
それと違う意見を受け入れることが難しくなります。
すると相手を自分の意見に賛同するように
説得しようとしてしまいます。

これでは創造性を強化しようと
他の人に話を聞いた意味がなくなってしまいます。
創造性の強化のためには
自分と違う意見を積極的に受け入れ、
他の人の意見と自分の意見のいい点を
融合するように考えてみましょう。

視点、視野を広げて
創造的に考える能力をつけるために
意識して取り組みましょう。

参考図書
大きく考えることの魔術-あなたには無限の可能性がある
D.J.シュワルツ 著

大きく考えることの魔術

Tag: リーダー  Tag: 経験学習  Tag: アドバイス
Tag: 視野  Tag: 創造的