自信を育てる④

自信をもつには、
小さな成功を積み重ねようと聞きますが
さて何からしようかと
悩む人もいるかもしれません。

『小さな成功』ってなんでしょうか。
それはほんの些細なことでいいのです。

自分との小さな約束を守ることが
『小さな成功』です。
そうすることで小さな自信を
少しずつ大きく育てることができます。

それでは小さな成功のために
具体的にはどのような行動をとると
いいのでしょうか。

the-frog-finger-small-nature-green-morning-spring


自信をつくる5つの行動

1. 前に座るように心掛けること
人が集まる場ですきな場所に座るように言われると
後ろの席から埋まり、
前方の席が空いているということは
ないでしょうか。

なぜ前に座らないのでしょうか。
目立ちたくないから、
壇上に立っている人から指されたくないからなど
恐れや自信がないからではないでしょうか。

次回から前の席に座るようにしましょう。
そうすることで自信につながります。

2. じっと目を見る習慣をつけること
人を前にして、
まっすぐに相手を見ることができますか。

自分に自信がなかったり、
後ろめたいことがあったりすると
つい目を背けてしまいます。

相手の目にぴったりと
焦点をあわせましょう。

最初のうちはなかなか相手の目に焦点を合わせるのは
難しいと思うかもしれません。
そんなときは相手の鼻の少し上を見るようにします。
そして慣れてきたら相手の目に焦点を合わせてみましょう。

そうすることで自信がもてて、
自分は後ろめたいことはなくて、
恐れていないぞと相手に伝えることができます。

3. 25%速く歩くこと
心理学では
だらしない態度やゆっくりした歩き方は
自分自身や仕事や周囲の人に対する不愉快な
思いからくるものとされています。

しかし自分の態度やスピードを変えることで
自分の思いも変えることができる
言っています。

自信をよりつけるために、
歩くスピードを早めましょう。
次第に自信がついていくのが
わかるでしょう。

Thomas Leuthard via Foter.com  CC BY


4. 進んで話すこと
人と話をする場はさまざまですが、
なかなかうまく話すことができないと
思っている人は意外と多いようです。

話をしようと思っても、
しゃべるタイミングがつかめなかったり、
思っていることがうまく話せなかったりと
身を小さくして口をつぐんでいないでしょうか。

それはなぜですか。

  • いい発言ができない
  • おもしろいことが話せない
  • みんなみたいにすごいことも話せない
  • 私の言うことなんてたいしたことじゃない

といろいろあるでしょう。
しかしそれは結局自分に自信がないからです。

口をつぐめばつぐむ程、
自信は持てなくなります。

逆に進んで話せば話すほど、
次に話すのが話しやすくなり
自信が増していきます。

意識して前向きに話すようにしましょう。

5.大きくほほえむこと
ほほえみは自信を与えてくれ、
周囲にもいい影響を与えてくれます。

でも笑えないときもあるでしょう。
そんなときは『私は笑うんだ。』と
強く自分に言い聞かせて、
そしてほほえんでみてください。
笑えないと思っていても
むりやりほほえんでみると、
徐々にほほえむことができるようになります。

このときは軽いほほえみではなく
大きくほほえみましょう。

3599597595_1d64cae554_z


ちょっと行動を意識することで、
自信を得られる行動を
とることができます。
日常に意識してこのような行動を
取り入れてみましょう。

自信のある行動をとることで、
自信のある考えをもつことができます。

参考図書
大きく考えることの魔術-あなたには無限の可能性がある
D.J.シュワルツ 著

大きく考えることの魔術

Tag: 自信  Tag: 成功  Tag: 話す
Tag: ほほえむ  Tag: 行動  Tag: 考え