自信を育てる③

あなたは人との付き合いが苦手だと
思っていませんか。

例えば

  • 人にどう接したらいいかわからない
  • 初対面の人と話をするとき緊張してしまう
  • 大勢の前でスピーチをするとき
     頭が真っ白になってしまう
  • 誰かと一緒に何かをするのが苦手

などはないでしょうか。

こんな時は
人が自分よりも大きく見えたり、
人が自分に攻撃してくるものように
感じたりしていませんか。
そこには人に対する恐怖心があります。

NCVO via Foter.com  CC BY

なぜこのような見方をしてしまうのでしょうか。

それは自分に自信が持てず、
人が自分よりも大きい存在のように
見てしまっているからです。

人はそれぞれ優れているところ・劣っているところを
様々に持っています。
しかし人は本当に大きく違うのでしょうか。
実はそれほど大きな違いは
ないのではないでしょうか。

他人と大きな違いがないのにもかかわらず
他人を自分より大きく見てしまうのは
なにをかくそうあなた自身です。

では人に対してどのよう見ればいいのでしょうか。

他人に気後れすることなく接するための2つの方法

1.他人に対して対等な見方をする

人とつきあうときにはその人への見方を
注意しましょう。

その人は重要な人であり、
あなたも同じく重要な人間である。

と考えてみましょう。

あなたと向かい合っている人は
あなたと同じ重要な人間です。
どちらか一方が特別な存在ということは
ありません。
人間の価値に優劣はなく、
人は等しく価値があるのです。

どんな人も同じ人間として見る見方を
身につけましょう。

danxoneil via Foter.com  CC BY

2.他人の意見に理解ある態度をとる

あなたに対して文句を言う人や
いじめる人はいませんか。

でもあなたに対するその行動は
本当にあなたに向かったものでしょうか。

もしかしたら、他のことに対するいら立ちを
あなたに向けているだけかもしれません。

人は決して強い生き物ではありません。
その人の中にある不満を
あなたに向けることで
不満を解消しようとします。

こんな時はまずは一呼吸おきましょう。
そして相手に言いたい事を言ってもらい、
相手に対して、自分ができることをして、
あとはそれを忘れてしまいましょう。

Phakapan Thonglek via Foter.com  CC BY-SA

あなたは人に対する恐怖から、
必要以上に相手を大きく見てはいないでしょうか。

人に対する何らかの感情があることに気がついたら、
何をどのように見ているのか、
何を感じているのか、
何を考えているのかを考えてみよう。

もしかしたらあなたは虫眼鏡でものを
見ているかもしれませんよ。

参考図書
大きく考えることの魔術-あなたには無限の可能性がある
D.J.シュワルツ 著

大きく考えることの魔術

Tag: 自信  Tag: 恐怖