生き方を考える④

生き方について考える最後のテーマは
『慈愛に生きる』です。

参考図書に人生「いい生き方」の見つけ方
の中で著者の船井さんは、
『よい世の中づくりのためには、
われわれは我執(エゴ)を減らし、
すべての存在に対して
慈愛の心=親身になって対することができるように、
心がけというか、発想を大きく変えなければならないと
確信するようになっている。』と書かれている。

慈愛とは
親が子供をいつくしみ、かわいがるような、深い愛情。

エゴ(エゴイスチック)とは
自分勝手なさま。利己的。利己主義的。

Blog-20170130-1.jpg

経験学習のワークで日常の振り返りをしてもらう時に
私たちが行動をおこしているそこにある
自分の考え(信念、考え、メンタルモデルなど)を
みてもらいます。
ここで出てくるものは当然エゴが多いものです。

エゴがあるのはあたりまえのことであり、
そのエゴが自分を動かしているのもあたりまえです。

でも素の自分が見えてきて、
自分のエゴは自分のものであるはずなのに
そのエゴを受け入れたくないと思うようなものも
ときに見えてきます。

それが素の自分であり、
それは否定するものではなく、
それも自分の一部なのですが、
ちょっと嫌なやつだったりするので
思わず否定したくなります。
でもそれも自分です。
まずはそんな自分を受け入れましょう。

そして、よりよい世の中づくりのためには、
このエゴは確かに邪魔になることが
多いかもしれません。

Blog-20170130-2.jpg

エゴは自分のものであり、
世の中のものではないからです。
だからといってエゴを減らすことは
簡単なことではありません。
エゴはあなたにとって、
ある意味大切なものであるからです。

よい世の中づくりのためには、
自分のエゴを優先とした行動をするのではなく
慈愛の心を心がけた行動を優先にすることが
世の中のためであるということではないでしょうか。

自分のエゴをそっと大切にして、
慈愛の心をもって前に進みましょう。

参考図書
人生「いい生き方」の見つけ方
船井幸雄 著

人生「いい生き方」の見つけ方

Tag: 生き方  Tag: 慈愛  Tag: エゴ
Tag: 経験学習  Tag: 行動  Tag: メンタルモデル