自分自身の行動をとることを大切にしよう

社会や学校での活動は
面白いことばかりではありません。
しかし社会での役割を果たす必要があります。
人が社会の規範や価値を身につけることを
内在化といいます。

Blog-20161121-1.jpg

内在化

心ないしパーソナリティの内部に,
種々の習慣や考え,他人や社会の規準,価値などを
取入れて自己のものとすること。
十分に内在化 (内面化) されたものは,
もはや他から受入れたものとして
感じられなくなる。

  コトバンクより


内在化には2つのタイプがあります。
取り入れと統合です。

取り入れとはルールを噛み砕かずに
丸ごと飲み込むことです。
そのまま取り込むことです。

統合とはルールをよく噛んで
「消化」することであり、
ルールを自分のものとして取り込むことです。
これが最適な内在化です。

うまく統合できたならば、
その仕事に対して自律的になり、
ほんとうに自分で選択したという感覚を
持ちながら仕事ができ
誰かにそうさせられていると
感じることはありません。
そしておもしろくない活動に対して
責任を持てるようになります。

しかしこの統合がうまくいかず、
部分的にしか消化できない場合には
「~すべきだ」「~でなければならない」
という声が聞こえてきます。
するといったいどうなるでしょうか。

義務的な服従に縛られたり、
やる気はないのに離れられなかったり、
取り入れに反抗したいという
あからさまな反抗心が起こったりします。
どちらも辛いですね。

Blog-20161121-2.jpg

意欲の無さや反抗はよいことはなく、
かたくなな服従はそれを促した者を喜ばせても
服従する人には大きな犠牲を支払わされます。

自律への欲求、
自分自身を統制するのは自分でありたいという欲求は
価値や規範を自分へ統合するように働きます。
内在化が統合され、自分のものとなったとき
より確かな本物の行動や相互交渉が
行えるようになります。

自分自身であること、
自分自身の行動をとることを大切にしましょう。



参考図書
人を伸ばす力-内発と自律のすすめ
エドワード・L・デシ+リチャード・フラスト 著

人を伸ばす力

Tag: 内在化  Tag: 取り入れ  Tag: 統合
Tag: 自律