新たな経験をする時に気にかけたい6つのこと

私たちは日々あまり気にすることなく、
学びつづけています。

いわゆる学校での学習だけが
学びではありません。

例えば、ちょっとした日常の技能、
料理や洗濯の仕方などや、
仕事の仕方、
人との関わり方など
本や雑誌を読むことでも
多くのことを学んでいます。

多くの学びはいつどのようにして
身につけたかを覚えていないことが
多いものです。

いくつもの持っている技能を
いつ、どのようにして身につけたか
記憶にないのではないでしょうか。

また似かよった能力の区別も
簡単ではありません。
例えば、歩く、バランスをとることは、
同時に身につけるものであり、
また自転車に乗る能力は
バイクを運転することに役立ち、
この経験は自動車やモーターボートの
運転技術にも応用できます。

Philippe Put via Foter.com  CC BY

何かを経験することは、
それに続く経験に生きていきます。

新たなことにこれまでの経験を応用したり
必要不可欠な情報を探し出したり、
よりよい方法を身につけたりして
学んでいくのです。

経験というと過去のものだと
考えがちですが、
効果的な学びのために、
新たに経験することに
意識を向けてみませんか。

新たな経験をするときに気にかけたい6つ
1.自分自身を知ること、
 自分の知的能力や体力を試してみること
 (自分の精神状態や情緒、能力を生かす知識)

2.人間の知識についてさまざまな領域を開拓すること
 学校教育で実施される、
 大学・職業訓練コース・老人大学・読書など

3.他人に手をかすことを学ぶこと
 各種職業・青少年育成・ボランティアなど

4.宗教や精神面での経験をふやすこと
 旅に出たり、さまざまなものにチャレンジして
 新たな可能性を切り開く。

5.人間関係を重視する経験を重ねること
 父母・友人・夫婦間などで互いの課題を
 実践することを学ぶようにする。

6.自己表現を通して上手な生き方を学ぶこと
 娯楽・文化活動などでさまざまな側面で
 創造性を育てる活動を通じて自己表現することが
 大切です。

自らの学びを広げ、深めるために
意識して新たな経験をしてみましょう。
人生が豊かになっていくのではないでしょうか。

Nick Kenrick. via Foter.com  CC BY



参考図書
メタ認知的アプローチによる学ぶ技術
A・オリヴェリオ 著

学ぶ技術

Tag: 経験