マインドフルネスの効果

マインドフルネスという言葉を
よく聞くようになってきました。

体にいいらしいけど、
くわしいことはよくわからないな。
リラックスするからいいのかも。
ぐらいの認識の方が多いのでは
ないでしょうか。

マインドフルネスはアメリカで流行し、
日本にも入ってきましたが、
研究が進んで様々な効果があることが
わかってきました。

マインドフルネスは
脳と心を休ませるためのものです。

Blog-20160912-3.jpg

疲れと聞くと、
体の疲れを思い起こしますが
実は脳も疲れます。

脳は体が消費するエネルギーの
20%を使っていますが
脳の消費エネルギーの60~80%は
デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)
という脳回路に使われています。
脳のエネルギーの最大の消費元です。

DMNは内側前頭前夜、後帯状皮質、
楔前部、下頭頂小葉などからなる
脳内ネットワークで脳が意識的な活動を
していないときに働くベースライン活動です。

何もしていなくてボーとしているときでも
このDMNは働いているため
DMNを使いすぎないようにする必要があります。

ちょっと思い起こしてください。
ボーとしているときに頭の中で
何か考えごとなどをしていないでしょうか。

このときに浮かんでくる雑念が
脳疲労の最大要因の1つになっているため
マインドフルネスで瞑想することで
頭にある雑念をおさえ、
脳を休ませることができるのです。

Blog-20160912-2.jpg

あなたも脳が疲れていないか
脳疲労の症状を確認してみて下さい。

脳疲労の症状
・集中できない
・記憶力の低下
・もの忘れ
・理解力の低下
・判断力の低下
・表現力の低下
・コミュニケーション低下
・思考力が低下
・作業効率の低下
・注意力の低下
・ミスの増加

またマインドフルネスは脳の機能を高まらせ、
脳の構造にも影響を及ぼし、
多くの効果が得られます。

マインドフルネスが影響を及ぼす脳の8領域
・前頭極(メタ意識)
・感覚野と島(身体感覚への気づき)
・海馬(記憶)
・前帯状皮質
・眼窩前頭皮質(自己や感情の調整)
・上縦束と脳梁(左右の大脳半球の交換を担う)

マインドフルネスの効果
・集中力の向上
・感情調整力の向上
・自己認識への変化
・免疫機能の改善
など

ぜひあなたもマインドフルネスを
取り入れてみませんか。

参考図書
世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
久賀谷 亮 著

Blog-20160912-1.jpg

Tag: マインドフルネス  Tag:  Tag: