過剰ワークから抜け出すための習慣

あなたは朝デスクについて一番に何をしますか。
その日のスケジュールを確認する人は
多いのではないでしょうか。
そしていくつかのやるべきことを確認したら
手を付ける順番を考えて取りかかりますよね。

また途中で何か新しくやるべきことが入ってきたら、
どの時間にやろうかと考える。
空き時間が出来たら、
この時間で何かできるだろうかと考える。
寝る前の時間も明日やるべきことを
頭の中でリストアップして寝る。

結局やるべきことを常に考え続けてしまっているわけです。

tchandok via Foter.com / CC BY-SA

まるで何かに追い立てられているかのような感覚で、
次から次へと目の前にくるものを
ひたすら処理しつづける。
気づけば、ただやるべきことを
こなすだけの日々になっていて、
気分をリフレッシュする時間も取れていない。

あなたはこのような状態になっていないでしょうか。
ここで普段の様子を振り返ってみてください。

  • TO DOリストを頻繁に作る。
  • メールチェックを1日何度もする。
  • 空き時間にやることを探す。
  • 頭の中で常に考え事をしている。
  • 寝付が悪い。
  • 昼間気が散って集中できない。

もしこんな様子が見られるようならば、
アドレナリンが過剰に出つづけて
いるかもしれません。

ストレスに対抗しようとすると
副腎が常に活性化し疲弊していきます。
この時副腎からアドレナリンが過剰に出ているのです。

ではエネルギーを回復させて、
健全な燃料を使うには
どうすればいいのでしょうか。

アドレナリン依存から抜ける7つの方法

  1. 検査を受ける
  2. リラックスタイムを取る
  3. 仕事のやり方を変える
  4. 深呼吸をする
  5. マルチビタミンを補給する
  6. カフェインを断つ
  7. エクササイズの習慣をつける

1. 検査を受ける
副腎機能の検査を受けて
治療が必要か確認してみましょう。
副腎はストレスに弱く疲れているかもしれません。

2. リラックスタイムを取る
リラックスタイムを意識的に
取るようにしましょう。

3. 仕事のやり方を変える
携帯・Eメールを頻繁に見ることをやめましょう。
チェックする時間を決めて、
返答は余裕を持たせるようにしましょう。
そして一つのことに集中して取り組みます。

manoftaste.de via Foter.com / CC BY

多くの仕事を抱え込んでいないでしょうか。
期待されると期待に応えたくなるものです。
でも身体は一つです。
仕事を手放すことも必要です。

4. 深呼吸をする
ストレスを抱え、意識を集中していると
呼吸が浅くなっていたり、
時に気づかないうちに呼吸を止めていることが
あります。

酸素不足になると冷え性や高血圧、
不安感を引き起こします。
意識的に深呼吸をするようにしましょう。

深呼吸するタイミング、
時間を決めるといいですね。

朝起きてすぐ、
仕事の始まる前、
仕事の休憩時、
大事なタイミングの前など。

5. マルチビタミンを補給する
副腎機能回復にビタミン材を補給しましょう。
ビタミンB、ビタミンC、マグネシウム、副腎抽出物

6. カフェインを断つ
カフェインは疲労の原因であり、回復剤でもあります。
副腎疲労になるとやる気を出すために
コーヒーを取りたくなります。
コーヒーをとる量が増えているようなら、
副腎疲労の可能性があります。
体調を見て、カフェインの取りすぎに
注意しましょう。

joshkehn via Foter.com / CC BY

7. エクササイズの習慣をつける
ウォーキングやストレッチなど、
適度に運動を取り入れましょう。
ストレス軽減に最適です。

いかがでしょうか。
何か取り入れられるものはありましたか。
自分のお尻を叩き続けることをやめて、
自分に優しくなりましょう。

参考図書
しあわせ練習帳ー少しの変化で、あなたはHappyになる!
シェリル・リチャードソン 著

しあわせ練習帳

Tag: アドレナリン  Tag: ストレス  Tag: 習慣