やりたいことをやるために

やりたいことをやるためには
行動を起こすためのエネルギーが必要です。

エネルギーを起こし、
エネルギーを集中させて、
エネルギーを効果的に使う必要があります。
エネルギーを分散させていると、
十分なパワーになりません。

前回はエネルギーを減らす原因をみて、
解消する方法をお伝えしました。

次にエネルギーをより高める方法を
考えてみましょう。

rodrigomezs via Decorators Guru  CC BY

なぜやりたいのかを明らかにする。
 ぼんやりとあれやりたいなと
 思っていたりしませんか。
 本当にやりたいことですか。
 本当にやりたいことなら、
 やりたい理由を自分に確認してみて下さい。

 それほど重要でないものを排除して、
 本当にやりたいことに集中しましょう。
 そしてやりたい理由を考えることで、
 行動しようという気力が上がります。
 
やることで得られるものを明らかにする。
 それをやることであなたは何を得ますか。
 するとあなたはどうなりますか。

 例えば、やりたいなと思っている勉強があります。
 勉強をやることであなたは何を得ますか。
 ⇒勉強をやることで資格が取れる。
 すると⇒収入UPになる。
 すると⇒今よりいい生活が送れる。
 
 今よりいい生活をイメージしてみて下さい。
 勉強をがんばりたくなりませんか。 

・やりたいことを口に出す。
 「私はこれがしたいのです。」と
 周囲の人に話してみましょう。
 すると口に出した言葉が、
 自分の耳に入ってきて、
 やる気が増します。
 そして聞いてくれた人から
 応援を受けることで、
 ますますやる気が増していきます。
 
・リラックスする。
 頭が混乱していると、
 効率が悪いですし、
 思考が働きません。
 リラックス時間を
 意識的に取りましょう。

nina.jsc via DIYlovin  CC BY

・体を整える。
 元気でいないと、
 やりたいことができないですよね。
 体に自分にやさしく目を向けましょう。
 おいしい食事、十分な睡眠
 適度な運動、
 あなたに必要なものはなんですか。

・気掛かりを減らす。
 気になることがあちらこちらに
 ちらばっていませんか。
 あれもこれもと思って、
 結局なにも終わっていなかったりしませんか。
 できることを少しずつ片付けて、
 本当にやりたいことに集中しましょう。

・エネルギーをくれる人と会う。
 エネルギッシュな人といると
 こちらまで元気になるものです。
 そんな人に会いに行きましょう。

いかがでしたか。
あなたにエネルギーをくれるものはなんですか。
自分にエネルギーをくれるものを探してみて下さい。

参考図書
自分は自分で変えられる
小野 仁美 著

自分は自分で変えられる

Tag: 行動  Tag: エネルギー