自分を縛るものを解きほぐす

前向きに進んで行きたいと
誰もが思っています。

ところが、
あれをやりたい、
これをやりたいと思っていても、
行動が起せないことは
ないでしょうか。

エネルギーたっぷりに
動けているならばいいのですが、
なかなか動けなかったり、
スピードが出なかったり、

何かにとらわれているような、
何かにしばられているような、
そんな気分で行動がストップして
いないでしょうか。

ciocci via Foter.com  CC BY

やりたいことを進めていきたいのであれば、
行動に起こしていく必要があります。
しかし自分を動かすのは他ならぬあなたしか
いないのです。

自分を動かしていけるように
自分自身に勇気を与えて、
行動を起こすために
自分に働きかけましょう。

まずは行動を起こせない理由を探ってみましょう。

  • 自分をマイナスな言葉で表現している。
     (自信がない。臆病だ。)
     ⇒自分のいいところを探しましょう。
  • マイナスのプレッシャーを持っている。
     (恐怖、不安で一杯だ。)
     ⇒恐怖、不安は私を成長させてくれる。
      大丈夫だと自分に言い聞かせる。
  • 言い訳が癖になっている。
     言い訳はエネルギーを減らします。
     ⇒小さなことから始めましょう。
  • まず出来ない理由を考え、行動が鈍る。
     やる前から失敗をイメージしてませんか。
     ⇒案ずるより産むが易し
      出来ないなら、どうするか考えよう。  
  • 曖昧さの中に身を置く。
     あいまいにして逃げていませんか。
     ⇒あなたはその状態でいいのですか。
  • 自分の信条・使命(ミッション)が明確でない。
     小さなことで止まったり、感情的になり動けない。
     ⇒何をしたいのか、何が大事なのか考えてみましょう。
  • 成功のビジョン(心に描く像・未来像)が弱い。
     曖昧なビジョンでうまく動けず自信を失う。
     ⇒成功のビジョンを具体的にイメージする。
     
  • 自分の素直な心の声を避ける。
     うまくいくなんてありえないなど
     自分の素直な気持ちを見ない。
     ⇒自分の素直な気持ちを聞いて、従ってみる。
  • 自信を失っている。
     エネルギーダウン、マイナスを引き寄せる。
     ⇒小さなことから、成功体験を積み重ねよう。

KTIQS.LCV via Foter.com  CC BY

  • 健康面を理由に動けない。
     ⇒心身を健全な状態に戻すことが最優先です。
  • 自分の人生を人任せにする。
     自分で決断することを避ける。
     ⇒心の声に耳を傾ける。
      「あなたは人に心からどんなことが
       してあげられますか。」
  • 自己否定する。
     自分に対してマイナスメッセージが多い。
     ⇒自己否定して守っているものは何ですか。
      あなたにはいいところがたくさんあります。
  • たくさんの問題を抱えている。
     たくさん問題を集めている。
     ⇒問題をリストアップして解決を考える。

いかがですか。
あなたが捕らわれているものは何でしたか。

あなたを動かせるのはあなた自身です。
できることから始めませんか。

参考図書
自分は自分で変えられる
小野 仁美 著

自分は自分で変えられる

Tag: 行動  Tag: イメージ