ストレスに向き合う⑦

ストレスに感じるものには、
いろんなものがありますが、
人間関係に関するストレスは
大きな悩みごとではないでしょうか。

ストレスに向き合う②でふれた内容も
人との関わりに関するストレスでした。

ふと気がつくと、
あの人とはいつもけんかになるなとか
この人といるといつも不愉快になるなとか
そんなことはないでしょうか。

いつのまにか不愉快になるパターンが
そこにあるかもしれません。
これを心理的ゲームといいます。

Blog-20160516-1.jpg

心理的ゲームは3つの役割から成り立ちます。

心理的ゲームの3つの役割

1.犠牲者
 私は不当な扱いを受けている。
 でも、私にはそれを変えることはできない。
2.救援者
 私はただあなたを助け、
 問題を整理してあげようとしているだけ。
3.迫害者
 私のやり方をすれば、すべてうまくいく。

1.犠牲者の役割になると、
人との関わりで、
私はこんなにがんばっているのに、
なんであの人は理解してくれないんだろう。
私はなんてかわいそうなんでしょう。
とかわいそうな私にひたって、
わかってくれないあの人が悪いと
相手を責めます。

2.救援者の役割になると、
人の助けをしたいと思い、
必要以上に手を出してしまい、
かえって責められたり、
相手の自立する機会を奪って
しまうこともあります。

3.迫害者
こうなったのはあなたのせいと
相手を責めます。
結果的に相手がいかにダメかを
証明しようとします。

Blog-20160516-2.jpg

いかがですか。
いつも不愉快になるあの人との
会話の様子を頭でたどってみてください。
自分がいつも演じてしまう役割が
見えましたか。

ではなぜ心理ゲームをしてしまうのか。

心理ゲームをしてしまう3つの理由

  1. 自分の信じていることを正しいと証明するため
  2. 愛を確かめるため、認められるため
  3. 人と関わるため

気持ちがムシャクシャしていたり、
自分を認めてあげたかったりと、
そこには心理ゲームをしてしまう
自分の考え・気持ちがあるはずです。
心理ゲームをしてしまう考え・気持ちを
あきらかにしましょう。

心理ゲームから抜け出す9つの方法

  1. どのような心理ゲームをしているか気づく。
  2. どんな役割を演じてしまうのか気づく。
  3. ゲームを止めるための質問を自分にかける。
  4. 仕掛けられたゲームにのらない。
  5. 自分と相手を日常的に肯定的承認をする。
  6. 相手も自分も認める立ち位置に立ってみる。
    参考ストレスに向き合う②
  7. 心理ゲームによる不愉快な感情を取り込まない。
  8. 心理ゲームではなく、楽しい活動・うれしい人
    との時間を築く時間を多くもつ。
  9. 心理ゲームを仕掛けられそうな場所から距離を取る。

自分が陥る心理ゲームは
なかなか気づきにくいものです。
心理ゲームに気づくためには、
不愉快になった出来事を
振り返ってみることです。

振り返る言葉がけ
「なにが起こりましたか。」
「その時なにを考えましたか。」
「どうしてそのように考えるのですか。」
心理ゲームと役割が見えてきます。

ゲームを止める質問
「自分が本当に望んでいるものは何だろうか。」
「どうすればいい関係になるだろうか。」
「もっと有意義な時間にするには
 どうすればいいだろうか。」

Blog-20160516-3.jpg

いかがでしたか。
心理ゲームは繰り返し不愉快な気分にさせます。
どんな心理ゲームをしているのかを
ぜひとも探ってみてください。

次回もストレスについて考えていきます。

参考図書
ストレス体質を卒業し「生きづらさ」を手放す法
加藤 史子 著

auto-bva4q3.jpg

Tag: ストレス  Tag: 人間関係   Tag: 心理的ゲーム