学びを得るには自分の考え方次第

先日、飲食店を何店舗も経営した経験のある
コンサルタントの方と話をしていて
いろいろと気づくことがありました。

その方は飲食店のオーナー向けに
繁盛店にするための経営指導を
行っています。

哲学や心理学、成功法則など専門知識以外も
いろいろな知識が豊富でとてもためになるお話を
たくさんしてくださいました。

その時の話の中で
「今の現実を変えたければ自分を変えることです。」
という話がありました。

私はこの話を聞いて、
「そのことは私も知っていますよ。」
と心の中で思いました。

Blog-20160229-1.jpg

しかし後日その時のことを振り返った際に
話の内容をあまり思い出せませんでした。

その時の様子をよくよく思い返してみると
その方の話が自分の知っていることだと思った瞬間に
頭で違うことを考えてしまい、
あまりしっかりと話を聞いていなかったことに
気づきました。

またその方の話を自分が解釈したいようにしか
聞いていなかったことにも気づきました。

どうしてこのようなことを自分がしたのかを
さらに振り返ってみると

私は自分が知っている話からは
新しく学ぶことはないと考えていたことと
自分が解釈したいようにしか
人の話を聞いていなかったことに
気づきました。

これでは学べるものが少なくなってしまうと
考えた私は自分の知っていることでも意識して
先入観を持たずに話をしっかり聞くように
行動を変えようと考えました。

Blog-20160229-2.jpg

最初のうちはしっかり話を聞くことを
意識していても、
話の内容が知ってる話だなと思うと
違うことを考えたり、
話を勝手に解釈したりしていました。

しかし意識することを続けていると
しっかりと話を聞いていない時や
勝手に解釈している時には
気づくことができるようになってきました。

そして気づきさえすれば途中からでも
行動を変えることができるように
なりました。

今では知っている話だと思っても
しっかりと話を聞けたり、
勝手な解釈を交えずに話を聞けたり
するようになってきました。

私たちは先入観なく人の話を聞くことは
難しいものです。
しかしそのことを意識していれば
その先入観の影響を少なくすることができます。

この経験で先入観の影響を弱められれば
より多くの情報を得られることが
できるようになることを学びました。

Tag: 先入観  Tag: 振り返り