ネガティブ思考をコントロールする3つの方法

ネガティブ思考は脳や体を効率的に
働かせなくするというのが前回のお話でした。

今回はネガティブ思考の対処法についてです。
対処するには自分の考え方を
コントロールする必要があります。

思考はくせになります。
もしあなたがネガティブ思考になりやすいと思うのならば、
ネガティブ思考のくせがついているということです。

Blog-20160222-1.jpg

ネガティブ思考をコントロールする3つの方法

1.自分の思考のくせを知る。
 怒り・悲しみ・緊張・欲求不満を感じたら、
 考えていること思考の種類を書き出す。
 書き出すことで自分の思考のくせが見えてくる。

 *思考の種類は前回のネガティブ思考9種から

2.くせになっているネガティブ思考を
 打ち負かす言葉がけを考える。

 あらかじめ対処する言葉がけを考えておくことで、
 ネガティブ思考が出来てきたときに対処しやすい。
 
 ネガティブ思考9種の対処をいくつか考えてみると、

 -1.全部かゼロか
 物事を全部かゼロで極端に考える。

 英会話の勉強を1ケ月間続けられれば
 意思が強い人間だと考え、
 1日でも勉強出来ない日があると、
 私は意思が弱い人間だとやめてしまう。
 ⇒勉強出来ない日は休息日さ、
  明日からまた続ければいいさ

 -2.いつでも
 いつでも、絶対に、毎回、みんながなど
 極端に考える。

 私はいつでも失敗するわといった考えをする。
 ⇒それは本当ですか、うまくいったケースも
  ありますよね。

 -8.読心術の
 だれかの考えていることがわかると考える。

 「上司はいつも私を見ている。
 私が失敗すると思っているにちがいない。」
 といった考えをする。
 ⇒それは本当ですか。
  上司がいつも私をみている理由を
  聞いてみましょう。
  
 -9.責任転嫁の
 自分の問題を人のせいにし、
 自分自身の成功や失敗の責任を取ろうとしない。

 受験に失敗したのは、十分集中して
 勉強できる環境がなかったからだと考える。
 ⇒自分の行動には責任をもたないといけないよ。

3.ポジティブ思考のくせを意識する

  • 正確な考え
  • バランスのとれた考え
  • 正直さと柔軟性
  • 肯定的な見方に集中
  • 論理的な思考
  • 自分に役立つ場合にだけ、
    「~すべきだ」と使う
  • 自分を含め他の人にもレッテルを貼らない
  • 将来について肯定的な見方で関心を持つ
  • 必要な場合、相手に説明してもらう
  • 自分・他の人を非難することをやめ、
    変化に責任を持つ
  • 悲しみ・怒り・緊張を感じるときは
    いつでも、自分自身の考えに
    6つの質問で対処する
  • 輝いているなと思う人と同じ考え方をする
  • 成功を思い浮かべる

Blog-20160222-2.jpg

ネガティブ思考は自分に向かいます。
自分で自分を苦しめているのです。
そして、時には周囲の人も巻き込みます。
あなたも苦しい自分から自分を解放し、
明るい生活を手に入れましょう。

参考図書
「健康」は、脳が99%決める。
ダニエル・G・エイメン 著

auto-_kaixf.png

Tag:  Tag: ネガティブ  Tag: コントロール