ネガティブ思考が脳と体に影響を与える

私達が考えることで脳や体の働き方が
変わってくるのをご存じだろうか。

怒り・悲しみ・後ろ向きな考え
といったネガティブ思考は
人を嫌な気分にさせる化学物質を出す。

すると、手が冷たくなり、汗をかき、
心臓の鼓動が速くなり、呼吸が早く浅くなり、
筋肉が緊張するのだという。

ネガティブ思考は脳や体を効率的に
働かせてくれない。

反対に、幸せ・希望・前向きな考え
といったポジティブ思考は
気分をよくする化学物質を出す。

すると、手が温かく感じられ、汗をかかず、
心臓の鼓動が遅くなり、呼吸がゆっくり深くなり、
筋肉がリラックスするのだという。

ポジティブ思考は脳と体の働きを
より良くする。

ネガティブ思考を追い払い、
ポジティブ思考を味方につける必要が
あることが理解できたでしょう。

ではネガティブ思考を具体的にみてみよう。
自分が似たような考えをしていないか
チェックしてください。

Blog-20160215-1.jpg

ネガティブ思考9種

1.全部かゼロか
 物事を「完全に良い」か「完全に悪い」か
 の極端に考える。

 例えば、英会話の勉強を1ケ月間続けられれば、
 意思が強い人間だと考え、
 1日でも勉強出来ない日があると、
 とたんに私には続けられないとやめてしまう。

2.いつでも
 いつでも、絶対に、毎回、みんながなど
 極端に考える。

 例えば、絶対に○○できない。とか
 いつでも△△だわ。といった考えをする。

3.ネガティブ
 肯定的な面があっても、
 否定的な見方しかしない。

 例えば、勉強して90点しかとれなかった。
 100点とれないとダメだ。といった考えをする。

4.感覚的な
 自分の感じたことを正しいと思いこみ
 絶対に疑いを持たない。

 例えば、「私はあの人に嫌われているように
 感じる。絶対嫌っているにちがいないわ」
 といった考えをする。

5.罪悪感の
 「~すべき」「~しなければならない」
 「~する義務がある」「~せざるを得ない」
 といった言葉をよく使い、
 行動をコントロールするのに過剰な罪悪感を
 用いる。

 だれでも、~すべきといった考えを持つものです。
 過剰になってしまうとその考えに追い立てられ
 くるしくなってしまう。

6.レッテル
 自分や他の人を
 「こういう人間だ」と決めつけたり、
 否定的な言葉で表現したりする。
 
 「自分はこうだ」と決めつけると、
 自分の振る舞いや行動をコントロールする
 力が奪われてしまう。

7.占い
 必ず「最悪なことが起こる」と予見する。

 例えば、「私は試験に失敗するだろう。」
 といった考えをする。

Blog-20160215-2.jpg

8.読心術の
 だれかの考えていることがわかると
 思えているとき

 例えば、「上司はいつも私を見ている。
 私が失敗すると思っているにちがいない。」
 といった考えをする。

9.責任転嫁の
 自分の問題を人のせいにし、
 自分自身の成功や失敗の責任を取ろうと
 しない。

 例えば、受験に失敗したのは、
 十分集中して勉強できる環境が
 なかったからだといった考えをする。

何かが起こったときに
自分が普段どのような考えをしているかを
振り返ってみてください。

ネガティブ思考で考えているなと気づいた人は、
ネガティブ思考で考える傾向がある
いうことです。

この考え方の傾向は意識することで
変えることができます。

ネガティブ思考の対処法については
次回にお伝えします。

参考図書
「健康」は、脳が99%決める。
ダニエル・G・エイメン 著

auto-_kaixf.png

Tag:  Tag: ネガティブ  Tag: ポジティブ
Tag: 効率