やりたいことをやるための脳の強化法③

私達がやりたいことをやりとげるために
味方につけたい脳の3つの部分について
前回までお伝えしました。

今回は合わせて味方に付けたい
行動を左右する脳内物質4つについて
お伝えします。

この4つは脳のシステムのバランスを
整えるために重要な役割をもっています。

  • ドーパミン
  • セロトニン
  • GABA
  • エンドルフィン

■ドーパミン
モチベーション・顕著性・原動力・興奮の
化学物質

ドーパミンが低下すると、
やる気の低下、活力の低下、集中力低下、
衝動抑制障害、ある種のうつ病、
パーキンソン病、ADDにつながる。

ドーパミンを高める方法

  • ハードに体を動かす運動をする。
  • たんぱく質の多い食事をする。
  • 気持ちがわくわくする、
  • あるいは意義のある職場・団体で働く。
  • 興奮を求めるような行動をつつしむ。
    そのような行動は快楽中枢をすり減らし、
    ドーパミンを激減させて、喜びを感じられなくする。
  • L-チロシン・SAMeのような
    天然のサプリメントを摂取する。

Blog-20160208-1.jpg

■セロトニン
安心感・幸福感・柔軟性の化学物質

セロトニンが低下すると、
不安神経症、強迫思考、強迫神経症、
ある種のうつ病を患う。

セロトニンを高める方法

  • 運動
  • 意思力を鍛える
  • 5-HTP・L-トリプトファン・イノシトール
     のようなサプリメント

Blog-20160208-2.jpg
 

■GABA(γアミノ酪酸)
脳の興奮を調整するのをたすける。

GABAの低下は、
不安神経症やある種のうつ病など、
多くの精神疾患で見られる。

GABAのサプリメント

■エンドルフィン
快楽や鎮痛につながる化学物質

エンドルフィンを高める方法

  • 運動
  • 鍼治療
  • 催眠法

*注意
 体の不調に関しては医者の指示に従って下さい。

参考図書
「健康」は、脳が99%決める。
ダニエル・G・エイメン 著

auto-_kaixf.png

Tag:  Tag: モチベーション  Tag: やる気
Tag: 集中力  Tag: 幸福感