やりたいことをやるための脳の強化法①

やりたいことを最後までやりとげられたら
今よりもイキイキと幸せに生きることが
できると思いませんか。

私達がやりたいことをやりとげるには
意思の力を活かし、計画性をもって
行動を起す必要があります。

それには脳の最高経営責任者である
前頭前野を味方にすることが大切です。

前頭前野
脳の最高経営責任者(CEO)
脳の他の部分や体に対するスーパーバイザー
注意・判断・計画・衝動抑制・遂行・共感などに
関与

参照 やりたいことをやりとげるには脳をいかす

前頭前野の働きを向上させると
より思慮深く、より信頼でき、より一貫性を持ち
計画に従うことができるといわれています。

前頭前野の働きを向上させる方法は
以下の6つがあります。

前頭前野強化の6つの方法

1.障害を治療する
 改善できる可能性のある前頭前野の障害を治療する。
 ADD(注意欠陥障害)・毒物暴露・脳損傷など

2.十分な睡眠をとる
 前頭前野の血流量を適正にするために
 少なくとも6時間の睡眠をとる。
 それ以上ならなお良い。

Blog-20160125-1.jpg

3.少量ずつ回数を多くして食事をとる
 血糖値を適正に保つ。
 一日を通して血糖値を安定させる。

 自己統制力の失敗は血糖値が低い時に
 起こりやすい。
 ストレスに立ち向かうには、
 注意力・思考・情動をコントロールすることが
 求められるため、自己統制が必要です。

4.運動をする
 運動することで脳への血流を
 増やすことができる。

5.めい想をする
 めい想によって、前頭前野への
 血流や活性が高めることができる。

Blog-20160125-2.jpg
 
6.明確なゴールを紙に書く
 前頭前野は計画と先を見据える力に
 関係しているため、ゴールを明確に
 することが有効です。

いかがでしたか。

脳の最高経営責任者である前頭前野を
味方にするには血流量の適正化が
必要です。

いくつかの血流量適正化の方法を
ご紹介しましたが、睡眠やめい想は
取り入れやすいのではないでしょうか。

めい想法の1つマインドフルネスを
生活に取り入れてみませんか。

仕事の効率アップにマインドフルネス

参考図書
「健康」は、脳が99%決める。
ダニエル・G・エイメン 著

auto-_kaixf.png

Tag:  Tag: 強化  Tag: 前頭前野
Tag: 判断  Tag: マインドフルネス