夢を叶える方法

誰でも
「こうなりたいなぁ!」
という夢や目標を漠然とでも持っていますよね。

日々のささやかなものから大きなものまで
いくつも持っているのではないでしょうか。

大きな夢を追いかける場合に
とにかく行動を起こさなければ、、と思って
思いつきで行動してしまうことはありませんか。

この場合は夢が大きければ大きいほど
実現が難しくなります。

なぜなら夢を実現する青写真が自分の中にないと
途中で行動が止まってしまうことが多いからです。

ではどのように取り組めばいいのでしょうか。

 

 

大きな夢に向かう為の道のり

  1. 夢の達成日を決める
    いつまでに夢を達成したいのかを決める。
    ゴール達成日の設定は非常に大事です。
    なぜなら行動のスピードがその達成日によって
    決まるからです。

  2. 夢の実現に必要なことを洗い出す
    大きな夢にたどりつくために何が必要なのかを
    思いつく限り出してみましょう。
    どんな馬鹿げていると思うことでも
    とにかく出すことが大事です。

  3. 洗い出したことのつながりを考える
    洗い出した項目の優先順位を考えてみると
    項目ごとのつながりが見えてくる。
    例えば、Aの項目の前にはBの項目が
    達成できていなければならないなどです。
    すべての項目のつながりが明らかになると
    一番始めに達成する項目が決まります。
  4. 全体の大まかスケジュールを作る
    それぞれの項目の達成日を大まかに作る。
    だいたいのスケジュールを立てると現実味が増します。
    精神的にプレッシャーが少しかかりますが
    少しの緊張感は行動を促す時には必要な物です。

  5. 始めに達成する項目の細かい行動計画を立てる
    始めに達成する項目で具体的に行動することを
    あきらかにする。
    項目を達成するためには行動を起こさなければいけません。
    しかし行動内容が漠然としていると行動できないものです。
    例えば「ダイエットする」だけでは漠然としています。
    具体的には炭水化物抜きダイエットをすると決めて、
    毎日の食事のとり方を決めます。

  6. やったことを振り返る
    最初に決めた行動をとり、結果を振り返る。
    最初に決めた行動がいい結果に
    つながらないことがあります。
    しかし私たちは一度行動を始めると
    方向転換して行動を改めることが
    なかなかできません。
    しかもいい結果につながらないと感じれば、
    行動を途中でやめてしまうこともあります。
    あらかじめ結果を振り返るタイミングを決め、
    効果的な行動をとれているか見直ししましょう。
    もし行動が効果的なものでないと気づけたならば、
    別の行動を考えてみましょう。

  7. 始めの項目が達成できたら次の項目に取り組む
    始めの項目が達成できたら大まかなスケジュール通りに
    次の項目に取り掛かる。

  8. 計画を見直す
    大まかに立てたスケジュールが遅れてきた場合は
    洗い出した項目と達成日をもう一度見直し、
    再度計画全体をふりかえることが大事です。

 

 

自分の夢を叶えるポイント

  1. 大まかなスケジュールをたてる
  2. うまくいかなかったら見直す
  3. 自分を責めない
  4. 過程を楽しむ

 

自分の夢を叶えるためには夢を実現していく
青写真が必要です。

しかし自分の夢は誰からも強制されている訳ではないので
簡単に諦めたり先送りしたりすることができます。

夢を叶えるためには夢を叶える過程を
どれだけ楽しめるかが非常に大事です。
過程を楽しめられれば行動が止まることはありません。

何事も楽しみながら取組み、
うまくいかないと自分を責めずに
行動を振り返り改めていけば必ず夢は叶えられます。